FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H15年 雲仙田代原キャンプ 初日

平成15年3月21日(金)~平成15年3月23日(日)   
長崎県/雲仙田代原キャンプ場   
参加者:べり@管理人、いとや@ん、衝ちゃん、井手さん、
    ジョン君、ミラさん。

☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。


キャンプ前夜

今日は京都からいとママが来福する。
仕事を終わらせ博多駅に行きフラフラと買い物しながら到着を待
つ。
19時半頃合流して、まずは荷物を置くためにべり宅へ。
本日はいとママの希望で「おいしい魚を食べに行く」予定だった
けど、薬局に行かなくてはならなくて、そうなると行こうと思っ
ている店の反対方向になるので悩んでいると、いとママが「気に
しなくていいよ」と言ってくれたので、焼酎のたくさんおいてあ
る店に行くことに決めたのでした(笑)
途中、いとママがお土産に明太子を所望したので、明太子屋さん
に寄る。その後大名の居酒屋さんで、私一人がモリモリ食べ気分
良く飲みまくっていた。いとママはお腹の調子が悪く、正露丸を
飲んでいた(笑)
そして、途中兄さんに電話を入れ明日の集合時間の打ち合わせを
し、居酒屋を気持ちよく出ていき、歩いて長浜ラーメンを食べに
行く。
味はともかく・・・のラーメン屋さんなんだけど、私は好きなの
だ。さて、いとママにとってはどうだったかな?
いい加減食べ過ぎてすごく気持ちが悪くなってきた私は家に着き、
いとママがお風呂に入っている間にサッサとベッドに潜り込んで
苦しそうにしていた・・・。食べ過ぎた・・・飲みすぎてるゥ
・・・(>_<)
・・・ということで、客をほったらかしにしてサッサと寝てしま
ったべりだったのでした・・・ハハハ。



1日目 3/21(金)

朝目が覚めると、すっごくスッキリしていた。やっぱりマイナス
イオンは二日酔いに効くわねー!・・・と改めて関心しながら健
康マットの上からズルズルと這い出る。そしてそのまま朝風呂。
いとママはまだ寝ている。お風呂にも入ってスッキリしたところ
で、どうしても自分の買ったスノーピークのクッカーを見せたか
ったので、いとママの頭上に持ってきて「ホレ、見れ見れ」とム
リヤリ見せて喜ぶ。
今回の支度は前回と違って結構まとまりよく準備できた・・・。
と余裕こいていたら、兄さんからメール有り。
みれば、もう既に到着しているという・・・。
約束の時間は朝の9時半。
ぬなっ!?と驚いて急いで出かける準備をする。いとママが先に
下に降り、私も気持ちは慌てているも、動きはマイペースで、
ノタノタと下に降りていく。

やぁ、兄さん、筑後川ブリですね~。
いとママがセブンで朝食を買ってきて出発。
私はお茶とおにぎりを車中でモグモグ。
ここで、兄さんに注意される。
前回私は、兄さんの車に煙草の灰をたくさんこぼしてしまってい
たので、今回は気を付けるように!だった。途中のコンビニで携
帯灰皿を購入。コレが結構気に入った。筒型のZIPPOのやつで、
480円。コレイイよ!嬉しくなったので早速一服する。
ふふふ。
田代原に行くまでに本当に良い天気で、ふわふわとした気分に
なる。後部席でまったりする。
諫早に到着して、まずは早速買いだし。諫早に到着する前に
母に電話して「動物のお医者さん全12巻」を準備してもらい、
買い物した後、実家によってもらって本を受け取る。人好きの
母は自分も兄さんに挨拶するんだ!といって、嬉々として外に
出てきて兄さんといとママに挨拶をし、母に見送られて田代原
へと向かった。結局買いだしに費やした時間が意外にも1時間
半くらい使っている!?・・・だけど、田代原到着予定時間の
3時には上手い具合に到着し、程なく井手さんとも合流。
車をサイトまで乗り入れ、サクサクっと準備を始める。
そして準備をして、乾杯!・・・という感じの頃に雨がポツリ、
ポツリ・・・。やはり・・・。やはりぃ~(>_<)
そして、もう恒例とでも、当たり前とでも言いたくなる程に、
天候はどんどん悪くなり、とにかく強風吹きすさぶすごい寒さ
にさらされる事になったのでした。
 今回は私もどうしても料理を作りたかったので、べり家の
家庭料理「カルビ」をつくりました。作る過程は兄さんもワク
ワクしてみてくれていたけど、出来上がりのカルビを食べた彼
には、不評でした。カルビが出来上がる頃にミラさんも合流。
改めてみんなで乾杯して食べてもらったんだけど、みんなは
「美味しい」と言ってくれたけど、実は不安なべりだったのでし
た・・・ハハハ(¨;)
カルビをつくる前に、最初の乾杯のとき、井手さんの奥様が
つくってくれた料理に舌鼓。本当にいつもいつもご主人の為、
私たちの為に作って下さる井手さんの奥様には感謝感激
なのです。いつもありがとうございます!井手さんの幸せ者♪

・・・と、食べ物と飲み物を気持ちよく飲み食いしつつも、
すっごい寒いので、あまり飲み物を飲みたくなかった私。
・・・というのが、トイレに行きたくないばかりに水分補給を
調整していたのです。なんでこんなに寒いんだ?もう3月も
終わりというのにさぁ~!キー!!!
この日は、みんなから思われていました。
「やはり、べりさんが<雨女>だったんだな・・・」と。

そして、あまりの寒さに我慢できず、夜の9時過ぎには私は
みんなにおやすみなさいを言ってテントに潜り込んだのでした。
 あまりにも寒がっていたので、兄さんがランタンを貸してくれ
ました。そしてランタンを点けてテントの中に入ると、確かに
少し暖かいのです。このとき、ランタンがものすごく欲しくなっ
たのは、言うまでもなく・・・(^_^;)

ランタンのほのかな温もりに癒されて、寝袋に入ってヌクヌク
なってくるといつの間にか眠りこけていました。
気づいた瞬間ギョッとして、急いでランタンを消しました。
危ない危ない。死んでしまうっ。ドキドキ・・・。
そして寝袋にすっぽり潜り込んでぐっすりと眠り込んだのでした。


comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

べり

Author:べり
猫のユイ&ハルと暮らす、
べりの小さな世界。

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。