スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢 芋煮会 れぽ 最終日

3日目(最終日)

10月8日(月)

午前8時にセットしていた携帯アラームが鳴る。
うぁ、最終日の日が来たなぁ・・・と、ちょっと寂しく思いながら
ベッドの中でモゾモゾする。横で寝ているびすちゃんも起きた
ので、ノラリクラリと朝の支度をはじめる。
今朝、べりは寝ぼけていたらしく、寝返りうったときにびすちゃ
んの頭にサポっと、手がちょうど収まり、おもわずポンポンと
感触を確かめた事を思い出し、びすちゃんに報告すると、
彼女はまったく気づいてはいなかったのでした(笑)
昨日ファミマで買ってきた朝食用のパンを二人で半分こに
して食べる。テレビをつけると、やっぱりアメリカの報復攻撃
の様子が流れていた。
地雷撤去作業をしていた人たちの建物に被害が飛んで
きて死者が出ていたのだ。
なんてことだろう・・・。結局戦争は罪のない人たちの犠牲
を増やすだけなのに、なんの結末もでないものなのに・・。
戦争をはじめた時から、そこには「正義」なんてものは何一
つ存在しないのだ。あるのは、「恨み」「怒り」「悲しみ」
「苦痛」だ。遠い、べりのまったく知らないどこか地球の
場所では、恐怖におののいて生活をしている人々が存在
するのだ。「生死」に怯える日々を過ごす罪のない人々
がいるのだ。
アタシは、アタシは、なんて平和なんだ・・。
そして、悲しみながらも「他人事」なのだ・・。
こんなニュースをみても、やっぱり遠い国の出来事で、
自分たちに火の粉が降りかからないことに安心してるし、
やっぱり今のこの時間を楽しんでいる。
でも、楽しむことに罪悪感はないよ。
楽しめるときに楽しんでいないと、将来、楽しめなくなる
時代がくるかもしれない。
もしかしたら、アタシたちの時代じゃなくても、アタシたち
の子孫は辛い時代に身をおかなくてはいけなくなるかも
しれないんだ・・・。
いろんな矛盾を抱えて、そしてテレビは全く違う平和な
話題を流してくる・・・。そしてアタシもまたキモチはすぐ
に平和な事がらでいっぱいになるのだ。

ヘビーなキモチになりかけたけど、準備が整うと、廊下
からにぎやかな声が聞こえてきた。
びすちゃんがドアを開けると、まるちゃんとパニュラちん
が部屋に入ってきた。
「おはよー♪」
元気な二人と挨拶を交わし、それぞれの部屋を訪問
してみたりする。
そんなことをしながらロビーに下りると、既にプフしゃんと
ナギさんが用意を済ませて待っていた。

みんなはこれから、花巻に行くので、その行程の
チェックなんかをしていた・・。
べりは、今日はもう帰るだけなので、みんなの楽しそう
なのをうらやましくビデオに収めていた。
さとうしゃんとぽこちゃんが車の準備が出来たようなの
で、みんなでホテルを出て車に荷物を詰め込んだ。

ここで・・・。べりは1車チームとお別れ。
さとう隊長号に乗って福島駅まで連れていってもらう
のだ。
ナギさん運転する1車チームにお別れをする。
まるちゃん、パニュラちん、ナギさん、らんちゃん、
プフしゃん。
みんなみんな楽しかったよ~。
ビデオ目線でみんなとお別れする。
あくまでもカメラマンなべり(笑)

あぁ、、、花巻・・・。いいな・・。でも、来年行くから
いいもん。フッ(~ー~)

そうして、さとうしゃんの車に乗り込み福島へ!
ちょっと寂しい・・・。(; ;)ホロホロ

車に乗り込み、「最後に青バスみたいよね~」と
なって、バスの車庫みにいこうよ!ってことになり、
米沢駅に向かう。駅に着くと丁度黄色バスが出発す
るところだった♪
「おお!」と歓声をあげつつもバス車庫の方へ行くと
青バスがいない・・・。なんと!もう出発してしまってる
んだぁ・・・。残念・・・。
・・・とガックリしていると、べりたちがいる道路を挟んだ
もう1本の道路を青バスが走っていった!
「青バスよ!」
「追いかけよう!」
てなことになり、なんとか青バスに追いつこうとしたけど
全然見失ってしまいました。
じゃぁ、悔しいから黄色バスをおっかけようよ!
となり、黄色バスを発見し、追いかけるもタイミングが
あわずに、サヨウナラ。
でも、昨日乗ったし、ビデオにも収めたし、心残りは
ありません♪

気が済んだところで(笑)改めて福島に向かって発進!

・・・と!おもいつつも、べりが「あっ!お願いが・・」
の一声をあげ、にゃらさん宅の駐車場に寄ってもらう
お願いをした。
そう・・・。大事な大事なポスターが、確かにサンチョウ
ちゃんの車にあるハズ・・・。くすん。
快く、さとうしゃんが車を走らせてくれて、現場に到着
すると、サササと車を降りてサンチョウ号の後部席を
確認する。
「あった!!(; ;)ホロホロ」
オバカなべり。もう、自分が嫌になってしまう・・。
オロオロしていると、にゃらさんが家から出てきた。
そして、何故かみんなはいつの間にか猫と戯れ始め
ていたのでした。
駐車場でキャッキャと騒いでいると、ノウさん登場!
「べりちゃん、おもしろすぎだよ♪」
と笑われる。
いや・・。あたし、これでも、真剣なんだって!(泣)
なんども、「ごめんねごめんね」を安売りして、また
もや駐車場でひとりオロオロしていると、サンチョウ
ちゃん登場!
「うぁ~、サンチョウちゃん、朝早くに起こしてゴメン
ゴメンね~(泣)」
と、ウルサク謝ってからサンチョウちゃんに車の鍵を
開けてもらい、大切なポスターをゲットする。
「だめだよぉ、べりちゃん。大事なモノなんだからぁ」
・・・・・(--;) ウ
ごもっとも!!!
みんなに、何度も「ごめんね」を連発して、
いよいよ本当に福島へ出発!
にゃらさん、ノウさん、サンチョウちゃんと最後の
お別れをする。
その姿を懲りもせずビデオに収めるべり♪

そして、車はゆるゆると快調に米沢市内を走り抜けて
ゆくのでした。
米沢よ、さようなら~♪と、心の中で手を振り、初日
に通った峠を越えて福島へ。1時間もしないウチに
福島に入ってしまい、びっくり!あっという間に福島に
ついてしまったではないすか(泣)
アタゴオルCDを聞きながらノリノリにボンゴを叩くのも
ここでおしまい。後は、くもちゃんにボンゴを託し、
ボンゴと涙のお別れ。ボンゴ、大好きになっちゃった。

福島駅につくと、すごい数の鳩が上空を真っ黒にして
飛んでいました。
「すげー」
ぽかんとして空をみつめるべり。
ここで、さとうしゃん号のメンバーとお別れします。
さとうしゃん、ぽこちゃん、蜘蛛ちゃん、びすちゃん。
みんなみんなありがとう。本当に楽しかったよ。
みんなと握手を交わし、去ってゆくさとう号をカメラ越
しに見送るべり。

あぁ・・・・・・。

ひとりになっちゃった・・・。

なんか、ぽっかりしてる・・・。

寂しさのマントがするりと近づいてきてべりに、まとわり
ついてきたような気分。

それでも、べりはカメラをまわして少しだけ福島駅の
様子を撮した後、高速バス乗り場にいちばん近い
ミスドで時間つぶしをしようと思い、早めの昼食を
とる。「おかゆと肉まんセット」
美味しかった(*^_^*)
食欲は元気なのd(^-^)ネ!
食べ終えた後、タバコを吸おうと思い、そのとき
何気に「何時かな?」と思って携帯電話をバッグから
取り出そうとした。
ゴソゴソゴソ・・・・。あれ?
へんねぇ・・。
ゴソゴソゴソ・・・・・・ゴソゴソ!?
おもわず、バッグの中身全部出してみると・・。
無い!!ナイナイナイナイ!携帯ない~!!
('〇';) とすぐ気づいたのは、○りま○ホテル!!
そーいえば、携帯電話をアラームに使ったから、
枕元に置きっぱなしにしていた!
あぁ・・。携帯は、枕の下に・・(泣)
もう、地面にガクッと四つ足になって身体を支えた
かったけど、ぐっとこらえて、まずは、バスに乗り遅れ
たら叶わない・・・と考え、気分を沈める。
そして、バスが来る10分前になったので、トイレだ
けは、外で済ませようと思い、ミスドを出て隣のビル
の中のトイレに行く。
すると・・・。
そうじのおじちゃんが女子トイレで雑巾洗ってる。
隣にちゃんと男子トイレあるのに!
しかも、女の子が一人中に入ってるのに何か話し
かけてるんですけど(笑)
べりがトイレに入るのとすれ違いにそのおじさんは
去っていきました。
そしてべりがトイレに入ってフッとひといきついて
いると、何故かそのおじさん戻ってきてなんか、
話しかけてる・・・。あたしに?
トイレから出ると、おじさんニコニコ待ってるし。
手を洗ってると隣でおじさんがペラペラと話し掛け
てきました。
「ここのトイレはよぅ、ほら、隣のパチンコ屋つぶれ
たでしょうが。お金無いからココのトイレットペー
パーだって買えないのよ?ココを掃除してるおじ
さんたちだってただ働きのようなものさね。
おや、あんた、ソレ楽器だね。なんだい?
・・あぁ、ウクレレかい?あんたやるの?
そうかい?・・・・(さらに話しかけられそうだ)」
「あっ!高速バスがもう来てるかも!!」
と、べりが叫ぶと、
「あら、アンタ早く行かないと大変な事になっちゃ
うよ。はやくいきなさい!」
・・・と逆に煽られる(笑)

まぁ、なんか面白かった(笑)
おかげで、携帯のことを忘れていた(笑)

テクテクとバス停に行くと、いいあんばいにバス
がくる♪さぁ、後は、新宿に着くまで寝ていよう。
・・・しかし、寝ようと思うと目は冴え冴えとし、
だんだん天気が悪くなる天候を見、やがて
ぽつりぽつり、ザーザーと雨が降るのをみて、
花巻組の事が気になった。
大丈夫かな・・・。雨降っていませんように・・。
と、みんなの為に心の中でお願いしてみた。
そうやって、花巻の事を考えている最中に
唐突に携帯電話の事を思い出し、ヘビーに
なる。
どうしようどうしよう・・。あ!まず、びすちゃん
に報告しよう!同じ部屋だし、なんかあった
時、びすちゃんのところにホテルから連絡
あったりしたらアレだし・・!と、オタオタしだし、
早くパーキングエリアに着けよ、オラ!と、
心は凶暴化していました。
パーキングエリアで公衆電話にすがりつくと、
びすちゃんに電話する!
コールを鳴らしても鳴らしても出ない!
公衆電話からだから、怪しまれてるんだ。
ううう・・・。と、泣きべそになりながら、
ここで、どんなに蜘蛛ちゃんがありがたいか
と土下座せずにはいられないくらいに、
ありがたく貴重な「ヨネザアド&イーハトーブ
旅のしおり」をくまなくみていると、ホテルの
電話番号がのっていた!
蜘蛛ちゃ~~~~~ん!!!
心の中で感謝の悲鳴をあげていたことは、
もうみなさん、察していただけることでしょう。
そして、ホテルに連絡を入れ、携帯の事を
話すとすぐに反応してくださって(^_^;)
着払いの宅急便で明後日にはべりの家に
携帯電話が戻ってくるような手配をお願い
し、携帯電話については、一件落着と
なったのでした。
手元に約3日間ほどないのは、心もとない
けど、自分の責任なので諦める。
でも、よかった。ホントに。
心から安心する。
すると・・・。お腹が空いてきた(笑)
しかし、パーキングエリアでは、電話かけて
る時間でいっぱいいっぱいだったので、
バスに慌てて戻った。べりが最後でした。

携帯電話の件が落ち着いたので、精神的
にとっても安心したべりは、ふと自分を振り
返ってみて、無意識につぶやきました。
「わすれものばんちょうだ・・」
ドリカムの歌に「わすれものばんちょう」と
いうのがあって、そのその題名がすぐに頭に
浮かんできたのでした。
「そうよそうだ!そうなのよ~。アタシこれか
らは、自分をそう呼ぼう。」
かくして、10月8日。独断と偏見により、
べりがべりのために勝手にひとりで命名した
「わすれもの番長」
みなさま、よろしく。

そんなことをひとり決めて、何故か満足
した後は、睡魔がいきなり襲ってきてしまい、
ぐーぐーぐー・・・。寝ました(笑)

途中何度か目が覚めてまた寝て・・を
繰り返していたけど、浦和インターに到着
したころから、車がみっちり。
なぁ~んか、嫌な予感するなぁ・・。
雨も降ってるしな・・。

不安の中、まずは王子駅へ。

しかし、地理がわかっていないべりは、
王子駅がどのあたりかまったくわからない
ので、4時30分に王子駅にバスが止まった
時、勇気をもって下りることができませんでし
た。ま、飛行機大丈夫・・・よね?

ちなみに、飛行機は夕方の6時40分発
なのです。

渋谷方面は、ひたすら車が渋滞チュウ。
このあたりから、べりの心臓の動きが変でし
た。もやもやドキドキばくばく・・・。

「もしも・・・」

もしも飛行機に乗り遅れたら私、どうなるの?

頭の中はそれでいっぱい!

携帯電話がないから、誰にも連絡の取りよう
がないのだ!

もしも・・。もし、今日福岡へ帰れなくなったら
インターネットカフェに行ってから、誰かに
メールしよう!( 'o')ハッ 掲示板にカキコしよう
かしら!?
どこに?どこへ?

そこで、一番に頭に浮かんできたのは、
はにぃ!キミでした(笑)
東京に住んでる人で、いちばん、声を掛けや
すい人と言えば・・・、キミだ!的・・(^_^;)
あと、りんちゃんも頭に浮かびました。
だけど、携帯のメルアドわかんないよ!
あと、誰?誰が居る?
サンチョウちゃんとノウさんが頭に浮かんだけど、
もしかしたら、今日も米沢にいるかもしれない
し・・・。(°°;))。。オロオロッ。。''((;°°)

はい・・・。このとき、外の雨より、べりの心の
雨は、豪雨でした。

今度から、スケジュール帳、持つことにしよう。
せめてアドレス帳だけでも・・(泣)

途方に暮れていると、バスは池袋の駅の
真ん前を通過中!
「ぎゃ~~、止めて!降ろして!お願いっ!」
と心の中で叫んでも、車ひしめくこの状況で
降りれるハズもなく、バスは無情にも池袋駅
を通過したのでした。

「もうダメだ・・・」

挫折感でいっぱいになったべりは、もう、
開き直っていました。

「どうでもいいよ、もう」←逆ギレ。

そして・・・。新宿駅に到着したのは5時40分
を越えていました。
新宿から羽田空港まで1時間10分はかかり
ます。
無念・・・。
フラフラどんよりしたキモチでバスを下り、新宿
駅新南口の中の公衆電話に近づき、104
に電話をする。
「すいません。スカイマークの予約センターを」
そうしてスカイマークに電話を入れて航空券
のキャンセルをしました。キャンセル料、
4000円弱。・・・痛い・・・。
本日の空席状況を聞くと最終便がまだ空席
があるという。値段の確認をした後、他社にも
電話しようと思い、他社の航空会社に電話
を入れるとやっぱりスカイマークが安い。
でも、高いのよ・・・。
寝台列車ないかな~・・。とか思い、みどりの
窓口で聞くと、
「18時過ぎに博多行きあるけど、間に合わな
いねぇ」と言われる。
高速バスは、現金払いじゃないと乗れないの
で、やっぱり飛行機か・・・。
公衆電話に戻りスカイマークに電話をかける。
しかし・・・。さっき教えてもらったばかりの番号
を既にど忘れしており、何度かかけたウチの
1回は、おもいっきり他人様の家に繋がる。
「すみません~(^_^;)」
と慌てて切る。
仕方がないので新しいテレカを買って104
に電話をする。急がないと、席がなくなって
いるかもしんない!!
焦って104に電話をし、交換のお姉さん
が出た途端、
「すいません、すかいらーく、すかいらーく
お願いします!!」
「すかいらーくでございますね・・」
「え?ちがいます。あぁあぁ、すかいまーく
なんです!すかいらー・・スカイマークです!
すいません!お願いします!!」
えらくウルサイべり(^_^;)
「代表番号でよろしいのでしょうか?」
「え?(なんでもいいよ)はい。いいです。」
そして聞いた番号はさっきとなんか違う。
暗記したのが消えないウチに急いでかける。
すると・・・・・・。誰もでない。
代表・・・・・・。って、本社じゃん!
今日は祝日だから休みに決まってるじゃん!
泣く泣くもう一度104するべり。
そして、すぐに
「スカイマークの予約センターを!!」

かくして、無事にべりは航空券を購入する事
ができました。

インターネットカフェに行って、誰にメールする
事も掲示板にカキコする必要もなく確実に
家に今日中に帰れるのです。

ありがたい。

あぁ、ほんとうにありがたい・・・。(泣)

その後は、余裕たっぷりに羽田まで移動し、
ついでに搭乗口入ってしまうと更に安心して
ビール買って呑みましたよ。ゴキュゴキュと!
はい!満足です。

そして、スカイマークの搭乗ゲート側の喫煙
コーナーで、余裕で(>.<)y-~~~

やっと、冷静さを取り戻すと、びすちゃんに
電話しなくちゃ!と思い出し、またもや
公衆電話に近づき、電話する。
電波が届かない。
なれば、プフしゃんに!
電波が届かない。

ちょっと、半べそ。

じゃ、最後だ!まるちゃんに!

すると繋がった♪

しかし、しゃべってる途中で切れる切れる。
携帯は諦めてSLホテルに電話するも、
みんな今からお風呂タイムとの事で
タイミングあわず。

諦めて福岡まで帰ることにしました。

飛行機にのり、飛行機の中で口を大きく
開けてぐーぐー寝、福岡に到着したときは、
もう、グッタリしてました。
福岡空港着、夜の10時。
気温20度。

やっぱり、九州は暖かいね~。

バスに乗る気力も地下鉄に乗る体力も
まるでなかったので、タクシーに乗り、
おしゃべり好きなおじさんの話し相手を
して、クタクタになって部屋に到着。
玄関入ったら、すぐにお風呂が恋しく
なり、玄関の鍵閉めたらそのまま全部
来ているモノを洗濯かごにブチ込み、
直行でシャワー♪
き・・・・キモチいいよ~(泣)

身体がサッパリすると、なんとなく
落ち着いたので、ビデオカメラを取り出し
て、最後の旅のシメは、アタシのコメント
よね♪とか、ワケのわからないことを思い
つき、ビデオを固定するモノがないので、
ベッドの上に置き、自分もベッドの上に
座って、今回の旅の感想のようなモノ
をひとりカメラに向かってボソボソ言って
終了。

明日、会社に行く体力あるのかな・・。
と、不安になりつつ、ベッドに潜りこむ。

でも、楽しかったよ~。

本当に行ってよかった。
行かなかったら後悔してたかも・・。

ヘトヘトくたくた、失敗ダラケの3日間
だったけど、すごく素敵な想い出が
また増えました。

だけども、わすれもの番長の思いでは
あんまり自分的には面白くない!

でも・・・。

なには、ともあれ・・。

またみんなで、オフ会やろーd(^-^)ネ!

結局、楽しくて仕方なかったべりでした。


今度会うときは、痩せているぜ!
(戯れ言のように聞こえるのはなぜ?)


おしまひ


comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

べり

Author:べり
猫のユイ&ハルと暮らす、
べりの小さな世界。

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。