スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタオフいん京都(最終章)

さて、京都駅までやってきた。
この京都駅、はっきり言って大きすぎてべりには、全くわからない(^_^;)
都会はすごい~。と、お登りさんよろしく、天井眺めたりまわりを
キョロキョロしてみたりしていた。とにかく、みんなにはぐれないように
しないと・・・という思いで広すぎる京都駅を歩いていると、
何気に、ノウさんとサンチョちゃんと合流できた。
(!o!)オオ!いつの間にそこにいたんだ~。(って、集合時間決まってる
から当たり前だっつの)
さてさて、お初の面子の方々は~・・・と、ドキドキしていると、
りーずさん登場。BOOMERな彼女と喜びの対面。
いや~、BOOMもナカナカマイナーっぽいので、ファンをみつけると、
なんか嬉しいのよね。ホホホ。
そして、ゆっくりみんなの顔をみる時間もままならず、いとさんの
ナビで、移動することに。
 はじめ、一体どこに向かってるのか全く気にもとめず、わかって
いなかった。途中、ふと思いだし、何処にむかっているのか、側に
いた人に聞くと、
「賀茂川に向かってるよ」
ふ~ん、賀茂川か~。・・・・・・?雨、ダイジョブ?
しかし、このとき、べりは、そんなこと気にするところではなかった。
りーずさんから、ありがたぁいCDを頂いて興奮中だったのだ。
はじめ、BOOMの参加しているCDの話になり、アルバムの
歌詞カードをみせてもらっていると、ごそごそとCDを彼女が
バッグから取り出してきたので、今からここで聞くのかしら?
とか思っていると、
「べりちゃんの為に、録音してきたんだよ♪」
だった。
しょえ~~~~(>_<)ヽ ナケルゼェ
そんなぁ~、ありがたすぎて、よかったのぉ?
しかぁし、遠慮を知らないべりは、ありがたくすぐに頂く(*^_^*)
このCD、帰って2日後くらいに聞いたけど、
すごく良いCDです。
miyaの声ももちろんだけど、沖縄音楽の素晴らしさを
改めて実感できた1枚でした。
りーずさん、本当にありがとう。
一緒に歩きながら、りーずさんの肌のきれいさに、ウットリする
べり。後ろでノウさんたちに笑われる。
「女の子の会話だね~」
そ~よ♪だって、女の子だもん(笑)
駅から歩いて15分~20分位かな?
賀茂川に到着。雲行きちょっと怪しいかんじ。
河川敷に下りていくと、橋の下に浮浪者の砦あり。
おじさんたちが、上半身裸でお酒呑んでまったりしている。
アタシタチが目の前を通過すると、すごく不思議そうにしていた。

「ナンナンダ?コノダンタイハ?」

内心ドキドキしながら、彼らとさほど離れていない場所に
いとさんが持ってきた大きな青いシートを広げてみんなそこに
座る。あと、他にもシートを持ってきてくれた方々がいらした。
荷物を置いて、やれ、一呼吸・・・と、思っていると、チャキチャキ
とまだ動いているいとさんが、買い出しに行くという。
べりも、だまってはいられない性質なので、
「自分も行くよ」
と挙手。
ここで、いとさん、べり、まるすさんとセブンイレブンまで行くことに。
3人でセブンまで歩いていき、お酒やお菓子、おつまみを大量に
購入し、3人両手に食糧どっさりこで賀茂川にもどる。
しかし、いとさんもまるすさんも、男らしい。
「重いのは、もつよ」
と優しいお言葉。心がグラッときちゃいますd(^-^)ネ!

そうして、賀茂川に戻っていると、突然雨が!!
「ひゃ~(T^T)」
今日は朝からずっと、雨が降ったり止んだりだったので、
まただよ~とか思ってると、すぐに雨がやんだ。
河川敷まで戻ると、早速食糧を散らかして、まずはみんなで
乾杯!
ビール、ジュース、チューハイ。お好みのドリンクを片手に
いとやんの乾杯で、「アタゴオルオフin京都」は、本格的な幕を
開いた。
ひとりひとりづつ、自己紹介をすることになった。
しかし、いきなりの提案なので、みんなハンドルネームと出身地
を言うだけで精一杯。照れながらの自己紹介をしてゆく。
ほんと、なんかのサークルの歓迎会みたいだ(笑)
そして、ひととおりの自己紹介を済ませると、またもや、雨が(T^T)
しかも、かなり雨足のひどいこと!
「きゃー!!」
とみんなでワタワタしていると、橋の下の浮浪者のおじさんたちが、
「早くこっちこい!!」
と両手でアタシタチを呼んでいる。
思わず、行くべり(笑)
橋の下までいくと、おじさんたちが、自分たちのスペースをわざわざ
空間作ってくれて、
「ここで、やりなさい」
と言ってくれた。
浮浪犬の「キンタ」という犬が、アタシタチのところにモソモソやって
きて、輪の中からでようとしない。
ちょっとヤキモチやく浮浪者のおじさんたち。
キンタは、誰かからもらったおつまみのお肉をもらってご満悦。
青いシートを畳んで片づけが終わると、いとさんから、移動の提案。
おじさんたちは、ほんとに橋の下で宴会してもらいたかったようで・・
つまり、みんなとワイワイしたかったようで、名残惜しそうでした。
そして、おじさんたちにお別れをして駅の方へと向かっていると、
雨が止む(笑)
これは、誰かの呪か?・・・・・・そんなことないけど(笑)

結局、二次会の場所は「スカイラークガーデン」
このとき、総勢17名だったっけ?
広いレストランなので、余裕で1列に着席することができ、
ここに約4時間くらい居ることになったのかな?
はじめて、ホッと落ち着けました。

とにかく、朝タバコ1本吸ったっきりで、まったく吸っていない。
今回のアタオフでタバコを吸うのは、べり、ノウさん、ぴりぽさん
の3人だけ。きっとタバコにありつけたとき、3人は涙したことでしょう。
・・・('_'ゞ-☆ノウさんは、マイ灰皿いつも首から下げてたね。(^_^;)

べり、河川敷のあたりから、実は疲れがかなり出てきていました。
河川敷で初めてのご対面をした、「らんちゃん」と「パニュラちゃん」
あまりゆっくりお話すること叶わず移動となり、しかも、スカイラーク
にたどり着いて、席につくと、はっきりいって、あそこに居た時、半分は
放心状態になっていました。
お腹はすごく空いているんだけど・・・。メニューを選ぶ気力がない。
とにかく、(>.<)y-~~~な調子で、みんなの会話を聞いていた。
右となりがらんちゃんで、左となりがパウパウさんだったけど、
パウパウさんが、貴重品グッズを出してくれた。
昨日も興奮したくせに、また今日も興奮する(笑)
ますむらさんの若かりし頃の不思議な写真の載った雑誌をみせて
もらったのが前日だったけど、う~ん。もう1回くらいよくみておけば
よかった・・・とかなんとか思いながらも、やっぱりますむらさんの
作品は素晴らしいなぁ・・・とらんちゃんとため息つきながら貪り見る。
そして、た~けさんとパウパウさんのおしゃべりに仲間入りしていると、
本当にこのお二方はオモシロイ。本当はもっともっと二人の会話を
聞いていたかった。またお会いしましょうd(^-^)ネ!絶対に♪
 そして、ようやくべりの胃が、「なんかたべさせろー」となったので、
ようやく1品注文する。そして、がつがつ(?)食べていると、またもや
電話ラッシュ(笑)それいゆちゃんやびすちゃんと繋がっている携帯
電話がぐるぐるとまわされていく。びすちゃんと繋がっている携帯が
べりのところに来たとき、べりは、「はぐはぐ中」で、口の中には
食べ物がモゴモゴ中。なので、べりは省略させて頂きました。
びすちゃん、ごめんね~(^_^;)
そして、み蟹ちゃんの素敵な写真集をみせてもらった。
う・・・・ほしい。ほしいぞ、これ~。ほしいほしいほしい。
ずっと握りしめて、挙げ句お持ち帰りしたかったけど、素直に返し
ました。売ってくれるなら、買うです、べり。
よろしくd(^-^)ネ!蟹ちゃん。

そうして、アタオフは盛り上がり絶頂におりました・・・・・・・・が。
そろそろ、九州組は、新幹線の出発の時間が近づきました。
いとさんも気にしていたみたいで、目が合ったとき、「そろそろ・・」
とお互い口に出しました。
そして、ここで、オーダーストップをかけさせて頂き、みんなで、
今日の精算をして、お店をでることに。
嬉しかったのは、なんと、みんなが、べりとまるちゃんとはにわ君を
お見送りしてくれたこと。
駅の改札口までみんなつきあってくれて、すごく嬉しかったのです。
あぁ、本当にアタ仲間ってスバラシイ(>_<)ヽ ナケルゼェ
みんなと「また会おうね」とか、「福岡に遊びにおいで~」とか、
いろんな約束を交わした後、改札口に入り、そしてまたみんなに
手を振っていると、

(内容を一部割愛)

・・・そしてホームに行き、列車を待っていると、反対側のホームに
はにぃを発見。みんなで手を振り、お別れのご挨拶。
すると、そのもっと後ろの方に、ノウさんとサンチョちゃんを発見。
またもや手を大きく振ってお別れのご挨拶。

(内容を一部割愛)

・・・そして、疲れたべりとまるちゃんは、すぐに寝ました。
しかし、帰りの新幹線。横揺れがすごすぎて、べりなんて、
レールから外れてしまうんではなかろうか・・・と、冷や汗が
出ました。
しかし、疲れと寝不足の為、また眠りの中に・・・。

そうして、列車がドンドン南に下っている途中。
徳山で目が覚めました。左手の窓をみると、
シェルの工場のライトが無数に点灯していて、ものすごく綺麗!
情け容赦なくまるちゃんを揺さぶりおこし、窓の景色を
無理矢理見せました(笑)
まるちゃん、迷惑だったろうね。許してたもれ。

そして、また眠りの中に落ちていきながら、小倉のあたりで
なんとなく意識が戻る。
そして、まるちゃんとお別れ。
「今度会えるの、いつかなぁ」
とまるちゃんが言ったので、
「忘年会だね。」
と、言ったものの。
会えるなら別に、その前でもいいよ~・・と思った。
今月福岡市は「アジアマンス」やってるし。
・・・しかし、そこまで会話はいかず。
なんだか、頭痛がしてきていたので、博多駅につくまで、
むむむ・・・としてました。
そして、段々痛みがひどくなったので、駅に着くと、
バスを諦め、タクシーに乗って帰りました。

はぁ、明日、仕事。マジ?

クラクラしながらも、家に着くと、晴明神社のお札を取り出し、
「あれぇ、鬼門って、どこ?どっち?・・・・・まぁ、いいや。
壁にかけておこう。」
と、テーブルの上に立てかけました。
そして、お守りはベッドの枕元に。

ふ~。精神的に一安心。

しかし、初日は不安いっぱいで寝たのも事実。
疲労がすごかったので、なかなかベッドに潜っても眠れない。
早く寝たいのにぃ・・・と、焦っていると・・・。
いつの間にか眠っていた。

今回は、すごく体力使ったなぁ・・と思いました。
だけど、それもヨカッタ。
チャリツアー、かなり楽しかった。
京都ヨカッタ。
みんなに会えて嬉しかった。

今度は、いつ、またみんなと会えるんだろう。

必ずまたみんなと会いたいな。

来年はどんな風になるのだろう。

とりあえず、イルカツアーすごく楽しみにしてます。
ノウさん、サンチョちゃん、よろしうね~(*^_^*)

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

べり

Author:べり
猫のユイ&ハルと暮らす、
べりの小さな世界。

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。